小学校の同窓会へ(2013/12/19up)

 12/8(日)に、小学校の同窓会に行ってきました。私の職場は、年末商戦真っただ中で、日曜日は原則出勤なのですが、この日だけはどうしてもということで、仕事休みをもらって同窓会を優先しました。
 というのも、小学校卒業時のクラスというのが、4年生から3年間持ち上がりの同じ仲間たちで、かつ地区の球技大会(5年冬にバスケット、6年冬にサッカー)で2年連続で校内予選突破+地区優勝(当時その小学校創立以来初のV2)を果たす([鍛・スポーツ]に関連記事あり)など、とても団結力のあるクラスだったりと、忘れることのできない仲間なのです。約24年前の卒業式の時は、大半が同じ中学校に進むとはいえ、同じクラスではなくなってしまうのでと、みんな号泣するような集団でしたから。
 そして先日の同窓会では、20年以上ぶりの旧友との再会で盛り上がったわけですが、特に当時の担任の先生と再会でき、当時の思いを含めて話を聞けたことが、とても嬉しかったです。他方、当時の卒業式みたいな「もう離れ離れになってしまうんだ」という悲しいムードはなくて、これだけ時間がたっても我々の心はひとつなんだと再認識するとともに、今後いつでも会えるんだという感覚(7月あたりから旧友探しを兼ねてfacebookでの交流があったり、これまでのネットワーク再構築により、今後も繋がったままでいられる)で、特別感慨にふける感じはありませんでした。人の繋がり、心の繋がりって、とても素晴らしいなと改めて感じる機会になりました。

充実感と反省と(2013/12/19up)

 上記の同窓会に関連して、私は当日流す想い出映像の作成に力を入れていました。直前2週間くらいは、仕上げ作業で寝不足ながら充実した日々でした。
これほど【寝食を忘れて】ひとつのことにのめり込めるのは、10何年ぶりだっただろうか?学生時代は、高校の文化祭や、大学での団体旅行企画・引率など、いろいろ【寝食を忘れて】のめり込みましたが、社会人になってからはこんなに充実した楽しい期間はありませんでした。

 で、ひとりごとの本題は「反省」・「反省」・「反省」です!「火事場の底力」的段取りで、直前に焦って仕上げに入る感じになり、BGMのバグ修正が間に合わないまま当日を迎えてしまいました。何度映像書き出しをし直しても、映像中盤のBGMがなぜか早送り再生みたいになってしまい、本番へ。とてもみんなに披露できる状態ではないと、カットして流そうか迷いましたが、逆にそれはそれで面白いのでとバグのまま披露し、笑いをとることができたので良かったかなと。
 実のところ、そこそこ早いうちから準備していて、映像の元(作成の為の画面)は仕上がっていたのですが・・・
 
◆10分弱の映像を再生可能なデータとして書き出す為に、PC側で約1時間掛かったりする。
 
◆プレビュー時(書き出し前)には見られなかったバグが、書き出し後に見つかり、修正する。
 この繰り返しで多大な時間ロスが生じるのが、大誤算でした。映像作成するにはPCが貧弱すぎたのかもしれませんが、何事も早すぎるくらいの段取りが成功のカギなんだなと、改めて思い知らされました。
   

大阪市内の写真追加(2013/12/19up)

 上記の同窓会で大阪に向かったついでに、当日夜1泊して翌12/9(月)に大阪市内を散策しました。
そこで撮影した写真を、[生まれ育っ地 ズームアップおのはら]>[関西ぶらり]に新設した[大阪市内]のページにアップしました。

人生の一大イベント〜初の手術体験(2013/04/22up)

私の記憶を遡る限り、遅くとも学生時代から15年以上患っていた「そけいヘルニア」の手術を受けました。何年も前から、治療を検討してはいながらも、手術に対する抵抗感がなかなか拭えず、治療を先延ばしにしていました。
が、実際に手術を受けてみると
こんなに楽だったのかと、長年抱いていた不安を良すぎる形で裏切られました。もっと早く済ませておけば良かったなと。
 

さて、手術体験記の詳細(全文)は、こちらへどうぞ!

「My 節電グッズ」空調編・照明編(2011/06/08up)はこちら

     

[PROFILE]へ